音羽町

Otowa

音羽町(おとわちょう)は、愛知県の南東部、宝飯郡にあった町である。

江戸時代には、東海道の宿場町として栄え、慶応4年(1868年)には三河県の県庁所在地となった。

2008年1月15日、豊川市に編入したため消滅した。

Otowa-cho (Otowa-cho) is a town that was the southeastern part of Aichi Prefecture, in Hoi-gun.

In the Edo era, and flourished as a post town of Tokaido, became the prefectural capital of Mikawa Province four years in Keio (1868).

To have been extinguished for the 15th January 2008, was incorporated in Toyokawa.